フリーダ・カーロとその時代
メ キ シ コ の 女 性 シ ュ ル レ ア リ ス ト た ち
Woman Surrealists in Mexico

さんさんテレビ開局7周年記念

2004年1月4日(日)〜2月22日(日)

午前9時〜午後5時(入場は4時30分まで)

休館日: 1月6日(火)・13日(火)・19日(月)・26日(月)/2月3日(火)・9日(月)・16日(月)

主催: 高知県立美術館、高知さんさんテレビ
後援:

外務省、メキシコ外務省、メキシコ大使館、メキシコ国立文化芸術審議会、メキシコ国立芸術院、高知新聞社、NHK高知放送局、エフエム高知

協力: 日本航空
協賛: 東京海上

観覧料:

前売650円、一般850円(650円)、大学生550円(450円)、高校生以下無料、年間観覧券2500円
*( )内は、20名以上の団体料金。身障者手帳、療育手帳、障害者手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知市及び高知県長寿手帳所持者は無料。

前売券発売所: 高知県立美術館ミュージアムショップ、高新プレイガイド、高知市文化プラザ、TSUTAYA、サニーマート、高知県民文化ホール、高知県庁生協売店、山元、フジグラン(野市、高知、葛島各店)、宮脇書店(高須店)



フリーダ・カーロ
《猿をつれた自画像》1943
The Jacques and Natasha Gelman Collection,
Courtesy the Vergel Foundation, New York
(C)2003 Banco de Mexico, Diego Rivera & Frida Kahlo Museums Trust
(C)2003 INSTITUTO NACIONAL DE BELLAS ARTES Y LITERATURA

マヤ、オルメカ、アステカなどの文明が栄え、世界遺産が多い国として知られるメキシコは、インディオ文化のアイデンティティを誇りとしながらも、スペインによる侵略など長い植民地時代を余儀無くされました。1910年にメキシコ革命がぼっ発しますが、この前夜1907年にフリーダ・カーロはメキシコに生まれます。激動の時代に波瀾に満ちた人生を歩んだフリーダの作品は、ここ数年再評価され、映画「フリーダ」が公開されたこともあり、その生きざまは女性を中心に多くの注目を集めています。今年彼女の没後50年を迎えますが、その作品は全く色褪せること無く、強烈な存在感を私達の前に見せてくれます。
また、この時代メキシコでは多くの女性アーティストの活躍がありました。本展ではフリーダと同時代の女性画家マリア・イスキエルド、レメディオス・バロ、レオノーラ・キャリントン、アリス・ラオン、写真家ローラ・アルバレス・ブラボ、カティ・オルナの作品もあわせて紹介します。メキシコのシュルレアリスム作家ともいわれる彼女らの個性的で幻想的な作品をぜひご覧いただきたいと思います。
また、本展にあわせて、山本容子さんの講演会「メキシコを旅して〜フリーダとの出会い〜」と本展の監修をされた青山学院大学講師野中雅代さんによる「ギャラリー・トーク」、映画「フリーダ」上映会を開催します。日本であまり紹介されることの無かったメキシコ女性アーティストの理解の大きな助けとなることと思いますので、ぜひ御参加ください。


アリス・ラオン
《ユダとキメラ》1952

Coleccion BBVA Bancomer collection
(C)Oscar Roman

マリア・イスキエルド
《死者の日のパンと南瓜》1947

Private Collection
(C)Aurora Posadas Izquierdo

レオノーラ・キャリントン
《故パートリッジ夫人の肖像》1947

Trustees of the Edward James Foundation
(C)Leonora Carrington

レメディオス・バロ
《鳥の創造》1957

Museo de Arte Moderno, CONACULTA-INBA collection
(C)Walter Gruen

■関連企画

山本容子氏講演会
「メキシコを旅して〜フリーダとの出会い〜」

日時:1月12日(月・祝) 13:30開場 14:00開演
会場:高知県立美術館ホール(先着399席)
入場料:無料(但、本展覧会チケットが必要です)
フリーダ・カーロの作品と人物に惹かれ、3度のメキシコ訪問を果たした銅版画家山本容子さん。メキシコの地で感じたフリーダ・カーロ像を山本容子さんの視点からお話しいただきます。お誘いあわせの上ぜひご参加ください。なお、席数に限りがございますのでお早目にお越しくださいませ。


野中雅代氏(本展監修)による作品解説

日時:2004年1月25日(日) 14:00〜15:30
会場:フリーダ・カーロとその時代展会場
参加費:無料(但、本展覧会チケットが必要です)
「レオノーラ・キャリントン」展、「レメディオス・バロ」展、そして本展覧会「フリーダ・カーロとその時代」展を監修・キュレーションし、精力的にメキシコ女性アーティストを紹介されてきた野中雅代さん(青山学院大学講師:高知県出身)に作品を見ながらお話いただける貴重な機会です。ぜひご参加ください。

映画「フリーダ」上映

1月18日(日) 13:00〜、15:15〜、17:30〜、19:45〜
会 場:高知県立美術館ホール
入場料:前売1500円、当日1800円、高校・ICS1300円、シニア1000円、展覧会半券持参の方は1000円
問合せ:ムービー・ジャンキー 088-863-6547(西川22:00〜)
アカデミー賞2部門受賞(作曲賞、メイクアップ賞)。愛と芸術に生き47才の若さで逝ったフリーダの激動の半生。

学芸員によるギャラリー・トーク

日 時:2月7日(土)・14日(土)14:00〜15:00

ご案内:影山千夏(当館学芸員)
展覧会チケットをお求めのうえ、展覧会場前にお集まりください。


HOME TOP イベント 創作講座 リンク ご意見・お問い合わせ