企画のご案内

高知県立歴史民俗資料館:ホーム > 展示と催し > 企画展のご案内


PageTop

10月~3月開催の特別展・企画展・コーナー展

令和元年度
企画展「遠流の地 土佐」
遠流の地 土佐画像

期  間/2020年1月10日(金)~3月8日(日) 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)[会期中無休]
会  場/1階企画展示室


遠流の分析、そして土佐の文化への影響

「遠流(おんる)」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。古代の日本で行われた刑罰である流刑のひとつです。当時の都・京都からの距離によって、「近流(こんる)」・「中流(ちゅうる)」・「遠流」の三流(さんる)が存在しました。その中で一番重い罰が「遠流」です。佐渡や隠岐などの離島に加え、土佐の地も「遠流の地」と定められ、土御門上皇など多くの人々が流されてきました。本展覧会では、そのような「遠流の地」である土佐に流されたとされる人々の資料を分析するとともに、土佐藩の流刑に関する資料をあわせて展示することで、その実像に迫り、現在の高知県の文化への影響などを考察し、紹介します。

「展示資料目録」(168KB)

「こうち・れきみん遠流新聞」(1.9MB) (企画展『遠流の地 土佐』において先着2000名の希望者に配布)


観覧料大人(18才以上)520円、団体(20名以上)420円
高校生以下/高知県・高知市長寿者手帳所持者/身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・線疾病者手帳・被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)は無料
主催高知県立歴史民俗資料館(公益財団法人 高知県文化財団)
特別協力公益財団法人 冷泉家時雨亭文庫
後援高知県教育委員会、高知新聞社、朝日新聞高知総局、毎日新聞高知支局、読売新聞高知支局、産経新聞高知支局、共同通信社高知支局、時事通信社高知支局、NHK高知放送局、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送

企画展『遠流の地 土佐』のチラシ(1.7MB)


関連行事

連続講座

「通史でとらえる日本の流刑」

  • 2020年 1月19日(日) 14:00~15:30 「古代の流刑」 要予約・要観覧券
  • 2020年 2月 1日(土) 14:00~15:30 「中世の流刑と土佐」 要予約・要観覧券
  • 2020年 2月24日(月・振休) 14:00~15:30 「幕藩体制における「預人」」 要予約・要観覧券
  • 2020年 3月 7日(土) 14:00~15:30 「近代の流刑・徒刑―北海道に送られた囚徒の処遇について」 要予約・要観覧券


ミュージアムトーク

  • 2020年 1月25日(土) 14:00~14:30 予約不要・要観覧券
  • 2020年 2月11日(火・祝) 14:00~14:30 予約不要・要観覧券
  • 2020年 3月 8日(日) 14:00~14:30 予約不要・要観覧券


ベビーカーツアー

2020年 3月3日(火) 14:00~15:30 要予約・要観覧券 先着5組
博物館デビューは歴民におまかせ!よさこい節で有名な純信・お馬に関する資料を中心に易しく解説します。※未就学児とその保護者対象


ワークショップ

「土佐硯と土佐和紙体験」
めったに見られない、三原村名産の土佐硯の加工実演を行うほか、実際に土佐硯を使って土佐和紙に字を書いてみませんか?
【上級編】展示資料の字をなぞろう
2020年 1月19日(日) 10:00~16:00
 当日随時受付・参加無料
土御門(つちみかど)上皇の歌集や秀吉の手紙などをお手本に書いてみよう

【初級編】お習字体験
2020年 2月24日(月・振) 10:00~16:00
 当日随時受付・参加無料
好きな文字・好きな形を自由に書いてみよう

土佐硯の加工実演同時開催
実演:土佐硯職人(三原硯石加工生産組合)
※土佐硯の販売もあり

「珊瑚のかんざし作り」
『よさこい節』の”坊さんかんざし買うを見た”で有名なお馬のかんざしにちなんで、サンゴをあしらった「あなただけのオリジナルかんざし」を作ります。
2020年 2月22日(土) ①11:00~ ②13:00~ 要予約・参加費:1500円 所要時間 1時間程度 定員 各15名
講師:株式会社ワールドコーラル 近藤健治氏
お電話 088-862-2211 または お問い合わせフォーム などで事前にご予約ください。

「土佐の伝統工芸 ワークショップ」のチラシ(337KB)


お申し込み・お問い合わせ
   高知県立歴史民俗資料館
   〒783-0044 高知県南国市岡豊町八幡1099-1
   TEL 088-862-2211 FAX 088-862-2110
   

お問い合わせフォーム


開創700年記念
企画展吸江寺
吸江寺画像

期  間/2019年10月4日(金)~12月1日(日) 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)[会期中無休]
     ※会期中、一部展示替えを行います。(前期 10/4~11/1、後期 11/2~12/1)
会  場/1階企画展示室


海南の名刹、吸江寺。

高知市にある吸江寺は、平成30年に開創700年を迎えました。夢窓疎石が開創した土佐臨済禅の源流ともいえる吸江寺は、長宗我部氏や山内氏など歴代の土佐の権力者たちとも深いかかわりがありました。本展では、掛軸や屏風、古文書などにより、南海の名刹と呼ばれた吸江寺の歴史を展観するとともに、度重なる法難に耐えながら、土佐に生きた人々が大切に守り抜いてきた知られざる寺宝の数々をご紹介します。


観覧料大人(18才以上)700円、団体(20名以上)560円
高校生以下/高知県・高知市長寿者手帳所持者/身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)は無料
主催高知県立歴史民俗資料館(公益財団法人 高知県文化財団)
後援高知県教育委員会、高知新聞社、朝日新聞高知総局、毎日新聞高知支局、読売新聞高知支局、産経新聞社、日本経済新聞社高知支局、共同通信社高知支局、時事通信社高知支局、NHK高知放送局、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送
2019年度 第69回高知県芸術祭共催行事

「吸江寺」のチラシ(2.1MB)

館だより「岡豊風日第107号」(1.9MB)


関連行事

記念講演

「吸江寺について」

2019年10月 5日(土) 14:00~16:00 要予約・要観覧券 先着130名
講師:吸江寺住職 小林玄徹氏


講座

「吸江寺と禅僧の文芸」

2019年11月 3日(日) 14:00~16:00 要予約・要観覧券 先着130名
講師:神戸学院大学 准教授 中村健史氏


ミュージアムトーク

  • 2019年10月13日(日) 14:00~14:30 予約不要・要観覧券 
  • 2019年10月27日(日) 14:00~14:30 予約不要・要観覧券 
  • 2019年11月23日(土・祝) 14:00~14:30 予約不要・要観覧券 

講師:本展担当者



ワークショップ

「実は茶所?土佐茶の魅力再発見」

2019年11月10日(日) ①10:30~12:00 ②13:30~15:00 要予約・要観覧券 各回先着15名
講師:吉岡郷継氏(株)ビバ沢渡 岸本憲明氏
土佐茶の産地である仁淀川町沢渡地区に関するミニ講座のあと、沢渡茶のおいしい淹れ方を体験しながら学びます。香り高い日本茶と大人気の沢渡の茶大福を召し上がれ。


こちらもどうぞ!

企画展「鎌倉時代の土佐」

2019年10月13日(日)~2020年4月5日(日) 会場:埋蔵文化財センター(南国市篠原1437-1)
吸江寺が開創されたころの土佐はどんな様子だった


お申し込み・お問い合わせ
   高知県立歴史民俗資料館
   〒783-0044 高知県南国市岡豊町八幡1099-1
   TEL 088-862-2211 FAX 088-862-2110
   

お問い合わせフォーム

お問い合わせ

高知県立歴史民俗資料館
〒783-0044 高知県南国市岡豊町八幡1099-1
TEL.088-862-2211 FAX.088-862-2110

お問い合わせフォーム