企画のご案内

高知県立歴史民俗資料館:ホーム > 展示と催し > 企画展のご案内

PageTop

4月~9月開催の特別展・企画展・コーナー展

現在、館内耐震工事中のため臨時休館いたしております。開館まで今しばらくお待ちください。



開館30周年記念企画展

「わたしたちの30年 歴民の歩みと平成の土佐

歴民30周年画像

会期/2021年4月29日(木・祝)~6月27日(日) 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで) 会期中無休
会場/1F企画展示室

 高知県立歴史民俗資料館は平成3年(1991)5月3日に開館し、今年5月で30周年を迎えます。節目の年にあたり、これまでおこなってきた企画展等のポスター約100枚をはじめ、チラシや写真等を展示し、館の足跡をたどります。
 また、歴民の30年はほぼ平成の時代と重なっています。この30年で、インターネットや携帯電話、コンビニの普及など、わたしたちの暮らしや文化は大きく変わりました。本展では、2年前の企画展「昭和から平成へ」に続き、高知県を中心に平成の出来事や生活の変化を振り返ります。あわせて、これからの博物館の役割についても考える機会にしたいと思います。


「わたしたちの30年」のチラシ(2.64MB)


関連企画
  • 5月3日(月・祝) れきみんの日

    10:00~11:00
    ワクワクワーク「昔の赤外線カメラ公開実験」
    講師:岡本桂典(当館副館長) ※予約不要
    13:00~14:00
    平成ゆるキャラばなし
    ゆるキャラが見た平成土佐の一コマ
    ※要予約、定員40名、先着順

  • 5月22日(土)

    14:00~16:00
    特別対談「足もとの歴史を語ろう! -高知の歴史文化と歴民館-
    「ブラタモリ」に出演した吉澤文治郎氏と、
    地域再生の歴史学を提唱する楠瀬慶太氏が
    高知の歴史文化の今と未来をガッツリ語ります。
    講師:吉澤文治郎氏(土佐史談会理事)
       楠瀬慶太氏(高知新聞社記者)
    ※要予約・観覧券、先着50名

  • ●ミュージアムトーク
    5月3日(月・祝) 14:30~15:00
    5月15日(土)、6月19日(土) 14:00~14:30
    ※予約不要、5月3日以外は要観覧券

観覧料大人(18才以上)520円、団体(20名以上)420円
無料:高校生以下/高知県・高知市長寿者手帳所持者/身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳所持者とその介護者1名は無料
主催高知県立歴史民俗資料館(公益財団法人高知県文化財団)
後援高知県教育委員会・高知新聞社・NHK高知放送局・RKC高知放送・KUTVテレビ高知・KSSさんさんテレビ・KCB高知ケーブルテレビ・エフエム高知


お問い合わせ

高知県立歴史民俗資料館
〒783-0044 高知県南国市岡豊町八幡1099-1
TEL.088-862-2211 FAX.088-862-2110

お問い合わせフォーム