公益財団法人 高知県文化財団

〒781-8123
高知県高知市高須353-2
TEL:088-866-8013
FAX:088-866-8008

アクセス情報

 

 

高知県文化財団からのお知らせ

令和4年度文化人材育成プログラム vol.4 & 5「 歴史的建造物を守り活かす①②」

2022年08月16日 掲載

 

R4莠コ譚占ご謌舌ヵ繧壹Ο繧ッ繧吶Λ繝4+5陦ィ県民の文化芸術活動を支援するとともに、芸術を産業・観光・地域振興に活かすことのできる人材の育成を目指す「高知県文化人材育成プログラム」令和4年度第4・5回講座を、ZOOMでのオンライン会議形式により開催します。第4回・5回講座は、シリーズ「歴史的建造物を守り活かす①・②」とし、高知県で歴史的建造物の保存・活用に従事してらっしゃる方々を講師にお招きし、古い町並みや景観の保護、それを構成する個々の建築物の保存活用についてお話をうかがい、地域資源として活用していく方法など探っていきたいと思います。

 

 

【講師】

vol.4「歴史的建造物を守り活かす① 高知の文化財の今 ~歴史的町並みと文化的景観~」

溝渕博彦(株)AREA代表

高知県香美市在住。文化財建造物を専門分野とし、昭和59年4月1日から高知県文化財保護審議会委員に就任。国の重要文化財の指定や重要伝統的建造物群の選定、登録文化財の登録に尽力するとともに、高知市濱口雄幸邸の修復について助言を行う等、永年にわたり県内文化財建造物の保護に尽力した。
 また、自身が設立したNPO高知文化財研究所代表として、室戸市伝統的建造物群保存地区審議会、安芸市土居廓中伝統的建造物群保存地区活用検討委員会に参画するなど、県内文化財の保護活動に尽力したほか、「土佐の町家雛まつり」や「四万十街道ひなまつり」など、文化財建造物や重要文化的景観などの活用を図る組織づくりの支援に取り組むなど、多年にわたり文化財を生かした地域の活性化に貢献している。

 

 ○Vol.5「歴史的建造物を守り活かす② 古民家が可能にする多様なコミュニケーション」

・山本恭弘 (建築家、聖建築研究所主宰)
高知県香美市生まれ。1975年、聖建築研究所開設。1987年より古材と新材を織り交ぜた古民家再生手法の先駆。住宅の他「絵金蔵」「葉山の蔵・酒蔵ホール」など公共の改修建築も手掛ける。新築・改修/リノベーションの一連の建築群「佐喜浜の箱舟」は2014年グッドデザイン賞を受賞。

 ・山本直子 (一級建築士。聖建築研究所)
高知市生まれ。東京造形大学、早稲田大学芸術学校にて建築を学ぶ。木造建築の新築、古民家の改修の設計・監理を多く手掛ける中、2021年、聖建築研究所が営むギャラリー樹下の舎他にて、アートによるまちづくりを目指す企画「土佐山田あーとリンクvol.1」を実施。

・北山めぐみ (高知工業高等専門学校准教授、NPO 法人すてきなまち・赤岡プロジェクト副代表理事、兵庫                  
        県ヘリテージマネージャー)
1983 年神戸市生まれ。設計事務所勤務を経て、奈良女子大学大学院にて博士号取得。大学院在籍時に兵庫県ヘリテージマネージャー養成講座を受講し、地域と一体となって歴史的町並みを継承する活動に関心を深める。高知工業高等専門学校着任を機に、(公社)高知県建築士会の仲間や高知高専の学生と共に赤岡のまちづくりに取り組む。四国内各地の景観調査やまちあるきワークショップの企画・運営も行う。

 ・楠瀬朋葉(一級建築士。聖建築研究所所属、NPO法人すてきなまち・赤岡プロジェクト副代表理事)
高知市出身。大学にて建築・まちづくりを学んだ後、2013年より聖建築研究所に勤務。古民家改修や木造建築の設計・監理に携わる傍ら、赤岡・赤れんが商家の再生・活用を通したまちづくりに建築メンバーとして参画。

 

【詳細】令和4年9月10日(土)・11日(日) 13:00-15:00

    ZOOMオンライン
    *お申し込みををいただいた後、ミーティングURLとID をメールでお送りします。

      ・対象者=高知で活動するアーティスト、市町村や商工会の文化・地域振興担当者、
             地域おこし協力隊、あるいは文化事業を企図する個人・企業、特に初めて
             文化事業に携わろうとされる方など。
             *一般の方・他県にお住まいの方にもご参加いただけます。

      ・受講料=無料

 

【スケジュール】

13:00~14:30 「歴史的建造物を守り活かす①(11日)②(12日)」  

      10日:溝渕博彦(〔株〕AREA代表)

      11日:山本恭弘(聖建築研究所)、

         山本直子(聖建築研究所)、

         北山めぐみ(NPO法人すてきなまち・赤岡プロジェクト)

         楠瀬朋葉(NPO法人すてきなまち・赤岡プロジェクト)

14:30~14:35  (休憩)

14:35~15:00   質疑応答・意見交換

 

 

【お申込み】 申込締切:vol.4 – 9月10日(土)10:00
                                                 vol.5  – 9月11日(日)10:00

メールまたはFAXにてご連絡ください。 

申込用紙・事前アンケート

WEBからのお申し込みはこちらから

 

 

【問合せ先】

高知県文化財団総務部企画課 

〒781-8123 高知県高知市高須353-2

TEL:088-866-8013/FAX:088-866-8008

MAIL:artscouncil@kochi-bunkazaidan.or.jp

 

 

【お知らせ】土佐女子中学高等学校書道部パフォーマンスの開催について

2022年08月15日 掲載

令和4年度第72回高知県芸術祭プレイベントとして

土佐女子中学高等学校書道部パフォーマンスを開催いたします。

例年、帯屋町商店街のアーケード内に高知県芸術祭の吊り広告を掲げておりますが、

今年は土佐女子中学高等学校書道部の皆様が本イベントで書きあげた作品を掲げます。

ぜひ、熱いパフォーマンスを見にご来場ください♪

 

■日時 令和4年8月28日(日)14時~14時30分

■会場 高知市帯屋町商店街1丁目(旧ツルハドラッグ近く)

■出演 土佐女子中学高等学校書道部

※書きあげた作品の掲示期間は令和4年9月1日(木)~数週間程度を予定しております。

チラシ → PDF

 

【お知らせ】オープニングイベント「The Rev Saxophone Quartet」観覧者募集

2022年08月08日 掲載

令和4年度第72回高知県芸術祭オープニングイベントでは、サクソフォン・クヮルテットとして全国でご活躍されている「The Rev Saxophone Quartet(ザ・レヴ・サクソフォン・クヮルテット)」による、コンサートを開催いたします。

 

メンバーは、

上野 耕平(Soprano Saxophone)、宮越 悠貴(Alto Saxophone)、

都築 惇(Tenor Saxophone)、田中 奏一朗(Baritone Saxophone)

で構成されており、そのうちのお一人である、都築惇氏は香南市出身、高知丸の内高等学校音楽科の卒業生です。

 

令和4年度第72回高知県芸術祭オープニングイベント

「The Rev Saxophone Quartet(ザ・レヴ・サクソフォン・クヮルテット)」

 

日時:令和4年9月27日(火) 18時30分開場/19時開演

会場:高知県立美術館ホール ※全席自由

料金:一般2000円 高校生以下1000円

チケット取扱所:高知県立美術館ミュージアムショップ(9月14日~21日は休み)、高新プレイガイド、イープラス

※詳細は下記PDF(チラシ)をご確認ください。

チラシ →  PDF

 

なお、本公演は現在の国際情勢を鑑み、ウクライナ避難民支援コンサートとして開催いたします。

入場料収入は全て「高知ウクライナ友の会」に寄付し、県内における避難民支援のために活用させていただきます。

 

多くの方々のご来場をお待ちしております(*^-^*)

 

 

 

令和4年度高知県文化人材育成プログラムvol.3「地方からの文化発信」

2022年07月29日 掲載

newspicks

 

県民の文化芸術活動を支援するとともに、芸術を産業・観光・地域振興に活かすことのできる人材の育成を目指す令和4年度第3回「高知県文化人材育成プログラム」を、ZOOMでのオンライン会議形式により開催します。今回は、主著に『ためらいの倫理学』、『レヴィナスと愛の現象学』、『寝ながら学べる構造主義』『先生はえらい』などがあり、第六回小林秀雄賞(『私家版・ユダヤ文化論』)、2010年度新書大賞(『日本辺境論』)、第三回伊丹十三賞を受賞された、凱風館館長。神戸女学院大学名誉教授で思想家の内田樹氏を講師にお招きし、「地方」、あるいは、地方での文化・芸術のこれからの可能性について、そして文化をはぐくむために行政に求められることなどをお話しいただきます。そして「地域」=「共同体」内での文化活動はどうあるべきかをお教えいただき、さらには地域住民への文化・芸術的貢献の方法などを学ばせていただきたいと考えております。

 

【講師】内田 樹(うちだ たつる)
                 凱風館館長・神戸女学院大学名誉教授

1950年東京都生まれ。凱風館館長。神戸女学院大学名誉教授。専門はフランス文学・哲学。主著に『ためらいの倫理学』、『レヴィナスと愛の現象学』、『寝ながら学べる構造主義』『先生はえらい』など。第六回小林秀雄賞(『私家版・ユダヤ文化論』)、2010年度新書大賞(『日本辺境論』)、第三回伊丹十三賞を受賞。近著に『レヴィナスの時間論』、『撤退論』(編著)など。

 

【詳細】令和4年8月27日(土) 13:00-15:00

    ZOOMオンライン
    *お申し込みををいただいた後、ミーティングURLとID をメールでお送りします。

      ・対象者=高知で活動するアーティスト、市町村や商工会の文化・地域振興担当者、
             地域おこし協力隊、あるいは文化事業を企図する個人・企業、特に初めて
             文化事業に携わろうとされる方など。
             *一般の方・他県にお住まいの方にもご参加いただけます。

      ・受講料=無料

 

【スケジュール】

13:00~14:30 「地方からの文化発信」

内田 樹(凱風館館長・神戸女学院大学名誉教授)   

14:30~14:35  (休憩)

14:35~15:00   質疑応答・意見交換

 

 

【お申込み】 申込締切:8月27日(土)10:00

メールまたはFAXにてご連絡ください。 

申込用紙・事前アンケート

WEBからのお申し込みはこちらから

 

 

【問合せ先】

高知県文化財団総務部企画課 

〒781-8123 高知県高知市高須353-2

TEL:088-866-8013/FAX:088-866-8008

MAIL:artscouncil@kochi-bunkazaidan.or.jp

 

 

7月23日(土)開催Bunkazaidanこどもクラブ2022のご報告

2022年07月28日 掲載

7月23日(土)にイオンモール高知1階南コートにおきまして、

Bunkazaidanこどもクラブ2022『フェイクスイーツをデコっちゃお!』を開催いたしました。

 

今回の講師はフェイクスイーツ作家の畠中由理さん。

まるで本物のようなビスケット型の上に、クリームやイチゴ、くまさんなど

色々な飾りを思い思いにのせていきました。

 14

 

923456781012

 

皆さん、とっても美味しそうにデコレーションしてくださいました♪

夏休み期間中という事もあり、たくさんの方にご参加いただきありがとうございました!

各回満席となり、紹介しきれないほどの作品を作っていただきました。

 

次回は8月23日(火)に幼児講師・作家のグラント愛さんをお迎えして、

『自由に点描画を描いてみよう』を開催いたします。

描くお題に決まりはありません。夏休みの思い出や、好きなものを点描画で描いてみませんか?

 

【Bunkazaidanこどもクラブ2022】7月23日(土)ワークショップ開催について

2022年07月04日 掲載

7月23日(土)にイオンモール高知1階南コートにて、お子様向けのワークショップを開催いたします。

 詳細は以下の通りです。

 

 

「フェイクスイーツをデコっちゃお!」  チラシ(PDF)

ビスケット型のフェイクスイーツに、思い思いの飾りつけを行います。中学生までのお子様が対象です。

※未就学児は要保護者同伴

〇会場:イオンモール高知 1階南コート

〇講師:畠中由理(フェイクスイーツ作家)

〇日時:7月23日(土)①10:30~11:30 ②13:00~14:00 ③14:30~15:30

〇定員:各回先着15名様

 ※各回30分前に受付を開始いたします。定員となり次第、受付を終了いたします。

 ※受付開始前でも定員に達した場合、受付を終了とさせていただきます。

 

参加費は無料となっております。皆様のご参加をお待ちしております。

 

【お知らせ】第51回高知県文芸賞作品募集

2022年06月16日 掲載

高知県芸術祭では、第51回高知県文芸賞の作品募集を行っています。
募集は、短編小説・詩・短歌・俳句・川柳の全5部門となっております。
応募条件としましては、未発表作品であること、応募者は高知県在住者であることとします。
詳細につきましては、下記「募集要項」をご覧ください。
令和4年度の作品募集締め切りは9月30日(金)です。※当日必着
 
《作品の送付・問い合わせ先》
〒781-8123 高知市高須353-2(公財)高知県文化財団内「高知県芸術祭執行委員会事務局」
Tel:088-866-8013 Fax:088-866-8008
 
文芸創作活動をされている方、これから始めようと思っている方、高知県文芸賞に挑戦してみませんか?
多くのご応募をお待ちしています。
 
☆募集要項 → PDF

 

6月4日(土)KYASウクレレこどもLIVEのご報告

2022年06月07日 掲載

6月4日(土)にイオンモール高知1階南コートにおきまして、

bunkazaidanこどもクラブ『KYASウクレレこどもLIVE』を開催いたしました。

 

演奏してくださったのはウクレレ奏者のKYASさん。

 KYASさん

 

今回はKYASさんがたくさんのウクレレをお持ちくださり、

マンゴーの木でできたウクレレ・水に濡れても大丈夫なウクレレ・アルミでできたウクレレなど、材質の違いで奏でられる音の違いを、実際に弾いて聞かせてくれました。

マンゴーの木 透明 アルミ

 

また演奏では、オーバー・ザ・レインボーや情熱大陸などを演奏してくださり、こどもから大人まで楽しめるLIVEとなりました!

曲や弾き方・材質によって、色々な音色を奏でられるウクレレの奥深さを体感することができました。

お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

 

次回は7月23日(土)に1階南コートで、フェイクスイーツ作家の畠中さんをお招きして、『フェイクスイーツをデコっちゃお!』を開催いたします。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

【Bunkazaidanこどもクラブ2022】6月4日開催 ウクレレこどもLIVEのお知らせ

2022年05月25日 掲載

6月4日(土)にイオンモール高知1F南コートにて、

ウクレレ奏者のKYASさんによる「KYASウクレレこどもLIVE」を開催いたします!

 

情熱大陸やドラえもんなど、子供から大人まで楽しめる曲を演奏してくれます。

 ウクレレによる優しい音色をお楽しみ頂けます。

 

 

時間 ①11:00~11:30

   ②13:00~13:30

   ③14:00~14:30

場所 イオンモール高知 専門店街1F 南コート

演奏 KYAS

 

 

詳しくはこちら→チラシ

 

【入札公告】公益財団法人高知県文化財団の所管する施設で使用する電気の調達について

2022年04月25日 掲載

■入札件名

 ・公益財団法人高知県文化財団の所管する施設(高知県立美術館ほか4施設)で使用する

  電気一式

 

■供給期間

 ・令和4年7月1日0時00分から令和5年6月30日24時00分まで

 

■入札公告

 ・本入札の参加を希望される方は、必要書類をダウンロードして、内容を確認してください。

 ・入札公告(PDF

 

■仕様書

 ・仕様については、下記仕様書をダウンロードして内容を確認してください。

 ・仕様書(PDF:高知県立美術館)

 ・仕様書(PDF:高知県立歴史民俗資料館)

 ・仕様書(PDF:高知県立坂本龍馬記念館)

 ・仕様書(PDF:高知県立文学館)

 ・仕様書(PDF:高知県立埋蔵文化財センター)

 

■入札参加必要書類ダウンロード

 ・入札説明書(PDF

 ・(様式1)入札参加申請書(ワード

 ・(様式2)入札書(ワードPDF

       委任状(ワードPDF

 

 ・(様式3)年間総額内訳書(エクセル

 

 ・(様式4)質疑書(ワードPDF

 ・入札参加申請書等及び入札書等の送付の仕方について(PDF

 ・電力需給契約にかかる一般競争入札心得(PDF

 ・電力需給契約書(案)(PDF

 

■この件に関する問い合わせ先

 公益財団法人高知県文化財団総務部

 〒 781-8123 高知市高須353番地2

 電話番号 088-866-8013 / FAX番号 088-866-8008